社会(Social)

サプライチェーンマネジメント

新電元グループは、「社会と共に、顧客と共に、従業員と共に、成長する企業」を経営理念とし、ESG経営を推進しています。
「新電元グループ行動指針」をCSR(企業の社会的責任)活動を推進するための柱として、グループを統制し、ステークホルダーとのコミュニケーションを図りながら、さらなる企業価値の向上と国際社会・地域社会への貢献を目指しています。
近年、サプライチェーンのグローバル化が進んでおり、グループ全体でCSRを推進するだけでなく、サプライヤーと共創することが重要になっています。

人権

新電元グループでは、経済のグローバル化に伴う社会的課題および職場における従業員の権利について、国際的な人権配慮に関する価値観を尊重し、社内の人権に関する認識を高め、人権尊重に向けた取組みを推進しています。

労働慣行

新電元グループでは、国際的な人権・労働に関する価値観を尊重し、新電元グループ人権方針および行動指針に基づき、「人権の尊重」「安全な職場環境」「健康への配慮」を掲げ、従業員の育成とキャリア形成支援、安全で健康な職場環境づくりや多様な働き方の整備を進めています。
さらに、グローバル化・少子高齢化・AI時代において、多様な人材が活躍できる環境づくりやワーク・ライフ・バランス支援にも取組んでいます。

消費者課題

新電元グループでは、お客様に繫がるサプライチェーンに関わる全ての従業員の仕事の質こそが新電元グループの“価値ある品質”を形成していると考えており、厳しい品質基準に基づき、製品開発コンセプトに適合した製品づくりを進めています。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

新電元グループでは、気候変動をはじめとする社会的課題の解決に貢献するために、長期的な企業価値創造を目指しています。また、新電元グループが活動するコミュニティへ積極的に参画し、事業や社会貢献活動を通じて地域コミュニティの発展に貢献しています。

トップへ戻る