太陽光発電用パワーコンディショナ関連製品のサポート

よくあるご質問

接続可能な太陽光パネルの構成、過積載について知りたい

太陽光パネルの開放電圧と短絡電流が、パワーコンディショナの最大入力電圧・電流範囲内となるようにご設計ください。

製品型名 説明
  • PVS9R9S200B
  • PVS9R9T200B
  • PVS010T200B
  • PVS012T200B
開放電圧600V、短絡電流63A(1回路当たり13A)までの太陽光パネルを接続することができます。
電気的特性の詳細は製品紹介ページをご参照ください。
  • PVS100T200B-DN-SA-S
開放電圧700V、短絡電流440Aまでの太陽光パネルを接続することができます。

表に記載の無いパワーコンディショナの電気的特性については、「資料ダウンロード」に掲載の仕様書をご参照ください。
太陽光パネルの過積載に関する詳細は「太陽電池の過積載について」ページをご参照ください。

出力制御に対応していますか?

対応しています。
出力制御を行うためには、出力制御ユニット「SOLGRID MANAGER」との接続が必要です。
SOLGRID MANAGERについては、「太陽光発電用出力制御ユニット・監視装置」をご参照ください。
製品ごとの対応状況については下表をご参照ください。

定格出力 製品型名 説明

9.9kW

  • PVS9R9S200B (単相)

対応しています。

  • PVS9R9T200B

製造番号「B*-*-000201」以上が対応しています。

10kW

  • PVS010T200B

製造番号「A*-*-000201」以上が対応しています。

12kW

  • PVS012T200B

対応しています。

100kW

  • PVS100T200B-DN-SA-S

当社サービスマンによる作業が必要になる場合があります。当社「お客様相談窓口」までご相談ください。

電力会社様より「太陽光発電の出力制御に関する今後のお手続きについて」というダイレクトメール(以下:DM)を受領されましたお客様は、対応方法について以下をご参照ください。

1)出力制御対象の発電所

電力会社様よりDMが送付されたお客様

  • 2015年1月26日以降に九州電力(株)様にて連系承諾された方
  • 2014年12月3日以降に四国電力(株)様にて連系承諾された方

(※上記は現時点で出力制御ユニットの取り付け指示がある電力会社様の情報です。)

2)出力制御対応方法について

DMに記載の通り下記のご準備が必要となり、出力制御を実施する際にかかる費用は発電事業者様のご負担となります。

  1. 機器(PCS(狭義)、出力制御ユニット)費用
  2. 機器工事費用
  3. 通信線配線および配線工事費用
  4. インターネット接続費用(当社製出力制御ユニットは3G回線が必要となります)

3)出力制御対応を実施しなかった場合について

DMに記載の通り、電力会社様からのご案内には「お手続きに応じていただけない場合、太陽光連系に関するご契約が解約となることがあります」との記載がありますので、出力制御対応を実施して頂く必要があります。

オプション保証サービスはどのような内容ですか?
サービス名称 説明
通常保証(仮保証)
  • 保証適用方法
    当社出荷日から1年間以内に、スタンダード/プラチナサービスプランにご登録ください。
    製品添付の仮保証書に、申込方法が記載されています。
スタンダードサービスプラン

交換作業費無償も付帯しております。
保証内容の詳細

  • ご加入方法
    製品ご購入後、WEBページから無料で登録いただけます。
    サービス登録のご案内
  • 保証期間
    当社出荷日から2年間です。
    ご加入期間は当社出荷から2年以内です。
プラチナサービスプラン

交換作業費無償、売電保証、落雷被害見舞金も付帯しております。
保証内容の詳細

  • ご加入方法
    有償保証サービスとなります。
    製品ご購入後でもご加入いただけます。
    ご注文後、WEBページからご登録いただけます。
    サービスお手続きの流れ
  • 保証期間
    保証開始日から10 年間です。
    保証開始日は、当社出荷日から6 ヶ月以内で選択いただけます。

上記はサービス概要につき、詳細は下記の当社ウェブサイトよりご参照ください。
延長保証サービス専用ウェブサイト
延長保証サービス-よくあるお問い合わせ

状態情報「電圧上昇抑制」とは何ですか?

系統電圧を適正に維持するための機能となります。パワーコンディショナの故障ではありません。
複数台設置の場合は、系統出力端子電圧が高い装置から順次抑制動作が働きますので、一部の装置で発生が頻発する場合があります。

  • 有効電力制御、無効電力制御とは何か
    無効電力制御とは、パワーコンディショナの出力電力を低下させずに系統電圧の上昇を抑制する機能となります。有効電力制御とは、パワーコンディショナの出力電力を低下させて、系統電圧の上昇を抑制する機能となります。
  • どのような場合に発生しやすいか
    発電所の引き込み点から、パワーコンディショナの系統出力端子に至る配線が長く細い場合に発生しやすくなる場合があります。または、発電所に引き込まれる電圧が高い場合に発生しやすくなります。
  • 対処方法
    頻繁に発生する場合は、電圧上昇抑制の動作レベル整定値を変更するか、発電所に引き込む電圧を下げることで改善できる場合があります。管轄の電力会社にご相談ください。

ご参考資料_系統電圧上昇抑制制御について

外気温度が高い環境に設置すると、どのような動作になりますか?

外部温度が高くなるに従い、下記1→2→3の保護動作が順次動作します。

  1. 「温度制限動作」状態になり、出力電力が制限されます。
    本状態は故障ではないため、本体の異常履歴には記録されません。
    詳細は、よくあるご質問「温度制限動作とは何ですか?」をご参照ください。
  2. 「周囲温度異常」警報を発報し、停止します。
    エラーコード:A18,C17
    周囲温度が十分に下がると、自動的に復帰します。
    安全のための保護動作につき、故障ではありません。
  3. 「装置温度異常」警報を発報し、停止します。
    エラーコード:A49,A50,A53,B06,C03,C04
    安全のための保護動作につき、故障ではありません。
    自動的に復帰しない場合は、異常リセット操作で復旧させてください。

  • 処置方法
    ・日射を避け、外部からの熱の影響を受けにくい風通しの良い場所に製品を設置してください。
    ・PCSを停止状態にしてから、吸気口を柔らかい布や掃除機などで清掃してください。
      ※吸気口の位置は、製品の上部または背面にあります。
      ※取扱説明書に記載する離隔距離を確保して設置ください。

サイトから情報を探す

お客様相談窓口に問い合わせる

窓口からのご案内

当社では、太陽光発電用パワーコンディショナの更なるサービス向上のため、お客様相談窓口を開設しております。
受付時間外および当社休業日のお問い合わせは、翌営業日以降のご回答となりますので、予め了承ください。

※営業時間は当社営業日の9時~12時,13時~17時となりますが、年末最終日の営業時間は14時までとなります。また、当社事情により営業時間を一部急遽変更させて頂く場合がございます。大変ご不便をお掛けしますがご理解のほど宜しくお願い致します。

メールフォームからのお問い合わせ

ご使用にあたってのご不明点、製品・サービスに関するご意見等ございましたら下記フォームより問い合わせください。

  • 太陽光発電用パワーコンディショナ以外の製品、および製品ご購入に関するご相談は「お問い合わせ」ページをご参照ください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、下記フリーダイヤルにて受け付けております。
製品情報およびお客様情報をメールフォームより事前にご入力頂きますと、スムーズにご案内できます。
ご使用中の製品に関するお問い合わせの場合、下記の情報をお伺いする場合がございますので、あらかじめお手元にご用意ください。

  • 製品の型名
    パワーコンディショナの場合、「PVS012T200B-SA」など、「PVS」から始まる英数字です。
  • 製品の製造番号
    パワーコンディショナの場合、「DC-S-000001」など、6桁の数字を含む英数字です。
  • 製品・監視装置などに表示される情報
    状態情報、エラーコード(G01、A12、B01など)

0120-055-595

受付時間:9:00~12:00, 13:00~17:00
     土日祝祭日および当社休業日を除く

トップへ戻る