生物多様性への取り組み

 新電元工業は、生物多様性と事業活動との関わりを認識し、国内グループ会社従業員へのDVD教育や飯能工場内に巣箱設置等、「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」で提示された愛知目標8つの項目に沿って活動を推進してきました。
2017年度からは、会社案内やIRレポートに加えて名刺や製品カタログ等にFSC認証紙を採用することで森林損失の減少に努めています。
新電元フィリピンでは、工場のあるカーメルレイ地区が主催する植樹活動や電力会社が主催する植樹活動に従業員とその家族が参加しています。 

  • 植樹活動へ参加の様子

トップへ戻る