環境会計

新電元グループでは、環境経営をより効果的に推進するために環境会計を導入し、環境保全コストとそれに伴う経済効果(金額)や物量効果を定量的に把握し、公表しています。
環境会計算出方法に当たっては、環境省環境会計ガイドラインを参考にして独自の算出基準を制定し、それに則り実施しています。

環境保全コスト

(単位:百万円)

分類主な内容2016年度2017年度
投資額費用額投資額費用額
1.事業エリア内コスト   89 295 142 279
内訳 公害防止コスト 水質汚濁防止や大気汚染防止に関わる費用 72 139 27 157
地球環境保全コスト 省エネルギー関連設備の導入費 15 39 113 32
資源循環コスト リサイクル化処理費、廃棄物処理費 2 117 2 90
2.上・下流コスト グリーン調達に関わる費用、分析装置購入費 0 15 6 11
3.管理活動コスト 環境教育費、認証取得費用、内部監査費 0 212 0 231
4.研究開発コスト スマートエネルギーマネジメントシステム、太陽光発電用パワーコンディショナ、アイドリング機能搭ECUEV/PHEV 用充電器等の開発 0 54 0 69
5.社会活動コスト 地域の美化活動参加 0 4 0 4
6.環境損傷コスト 土壌・地下水汚染への取り組み 0 29 34 27
合計   89 609 273 621
  • 公表した数値には一部推計値を含んでいます。
  • 端数処理上、合計値が合わない場合があります。

環境保全効果

環境保全対策に伴う経済効果

項目 2016年度 2017年度
収益 有価物の売却により得られた利益 189 255
削除効果 省エネルギー等による費用削減効果(電力量、重油等) 61 72
省資源又はリサイクルに伴う廃棄物処理費の削減 1 0
その他環境改善による費用削減 0 0
合計 251 327

環境保全効果(物量効果)

項目2016年度2017年度
二酸化炭素排出量(t-CO2 73,622 81,505
電力使用量(百万kWh 122 131
重油使用量(㎘) 2,213 2,364
上水使用量(千m3 1,619 1,763
廃棄物量(t 104 692
リサイクル量(t 4,135 4,957

※ 国内における電力のCO2排出量換算係数について:東京電力及び東北電力の2014年度及び2016年度の係数を使用しています。
※ 海外における電力のCO2排出量換算係数について:GHGプロトコル(The Greenhouse Gas ProtocolInitiative)公表の各国排出係数を使用

製品の省エネ効果等

新電元グループが2015年度開発・生産した主な省エネルギー製品を使用時の電力量削減、燃料量削減及び二酸化炭素排出量の削減として表わしてみました。

項目使用電力量の削減量二酸化炭素排出量の削減
IC シリーズ製品 75百万kWh 36千t-CO2
  • 使用電力量の削減量=(「旧シリーズ製品の年間消費電力」-「新シリーズ製品の年間消費電力」)×年間販売数
項目燃料(ガソリン)消費量の削減二酸化炭素排出量の削減
ハイブリッド車向けDC/DC コンバータ製品 52,265㎘ 122千t-CO2
  • 使用燃料量の削減量=(「ガソリン車の年間消費燃料(ガソリン)」-「ハイブリッド車の年間消費燃料(ガソリン)」)×生産台数

トップへ戻る