人材の育成

1.キャリア形成を支援する制度

教育研修制度

 新電元工業では、新入社員研修、入社3年目研修、資格別研修などの各階層に合わせた階層別研修を実施するほか、公募制の財務研修やマーケティング研修などを導入し、一人ひとりのキャリアアップをサポートしています。
 新電元グループ(国内)各社においても、昇級時の自己評価申請制度、フィードバック面談の実施および専門職制度の導入による価値観の多様化への対応等、各社が独自に特色を出した取り組みを実施し、従業員のキャリア形成をサポートしています。

2.グローバル人材の育成

 新電元工業では、益々グローバル化する事業をリードしていく人材を育成していきます。英語研修およびTOEIC奨励制度などにより社員の英語力の向上を図っています。2015年度から、若手営業職を対象として、英語圏内のグループ会社に数ケ月から1年間程度派遣し、現地で実習体験する海外研修を開始しました。2017年度からは、営業に配属された新入社員を対象に海外研修を実施しています。
 海外赴任者に対しては、赴任経験のある社外講師を招き、赴任先の風土、経済状況、生活(安全、環境等)、文化等の教育を実施しています。また、赴任先語学教育については、赴任者の希望により、国内または現地での教育支援を実施しています。

  • 英語教育の風景(新電元工業)
    英語教育の風景(新電元工業)
  • 英語教育の風景(秋田新電元)
    英語教育の風景(秋田新電元)
  • 英語教育の風景(東根新電元)
    英語教育の風景(東根新電元)
  • 英語教育の風景(岡部新電元)
    英語教育の風景(岡部新電元)

3.グローバルオペレーションの拡大を支える人材の育成

 新電元グループでは、経済のグローバル化による国際競争の激化を勝ち抜き社会の期待に応えるために、アジア諸国を中心に、設計・生産・販売等オペレーション機能のグローバル展開を進めています。国内からの赴任者のみならず、現地従業員に対する教育、海外工場間での人材教育など幅広い人材の育成を行っています。
 一方で、国内マザー工場のあり方についても、モビリティ市場、新エネルギー市場、ヘルスケア市場への事業構造転換を図り、高収益構造の確立と持続を目指すと同時にグローバルオペレーション拡大を支える人材の育成を進めています。

トップへ戻る