四輪車技術紹介

  • 四輪車技術紹介

四輪電装製品技術紹介

高効率化・低ノイズ化を実現する回路技術・制御技術

1.部分共振フルブリッジ方式

本電源の主回路構成は、より少ない部品でゼロ電圧スイッチング動作を可能にする部分共振フルブリッジ方式を採用しています。内部素子のスイッチング損失の低減を図り、特に実使用負荷領域で変換効率を最高点に設定することで、自動車の一層の燃費向上に貢献しています。

回路構成ブロック図

  • 回路構成ブロック図

メインFETモジュール

  • メインFETモジュール

効率特性

  • 効率特性

2.デジタル制御による性能向上

DC/DCコンバータの電源制御および通信はすべてフルデジタル化(DSP)による制御を行っています。従来のアナログ技術では実現できなかった回路動作の最適制御、機能向上、電源監視と安全設計、上位ECUとの通信による給電システムの最適動作を実現しています。

3.内製部材の採用

DC/DCコンバータの主回路部品(一次側FETモジュール、トランス、二次側同期整流FETモジュール、出力チョーク)は、新電元社内の電子デバイス事業部門および磁性部品事業部門において、個々の電源仕様に合わせた最適設計のパーツとなっております。またそれらパーツをアルミダイカストケースに実装することで、空冷および水冷の放熱性能を各段に向上させた構造としています。

  • 内製部材の採用イメージ

トップへ戻る