アイドリングSTOP対応ECU

アイドリングSTOP対応ECUは、始動モータ制御とバッテリ充電制御の2つの役割を果たし、さらに二輪車電装品に必要な主要機能をすべて取り込んだ環境対応車用となっています。

従来の二輪車は、始動用ACGとバッテリ充電用モータの2つを用いた構成が一般的ですが、
本ECUを用いたシステムでは、始動とバッテリ充電を1つのStarterACGで制御することが可能となります。

用途と応用機種

用途 始動モータ制御、バッテリ充電制御、燃料噴射式点火制御
応用機種 二輪車

特長

アイドリングSTOPに対応し、スムーズなエンジン始動を実現

始動モータ制御・充電制御・点火/噴射制御を1つのECUで行い、アイドリングSTOP・低排ガス・低燃費を実現しました。
また従来の始動用モータ(単相ブラシモータ)からStarterACG(三相ブラシレスモータ)となることで、エンジン始動時のクランキング音が発生しません。

始動モータ制御回路と充電制御回路を共通のMOSFET三相フルブリッジ回路で実現

制御方式は位相制御方式を採用しています。
MOSFETは、クラスNo.1の低損失である自社製を採用しており、ユニットの低発熱・小型化に貢献しています。

LED H/Lドライバ搭載

定電流コンバータ方式のLED H/Lドライバを搭載し、バッテリ電圧変動・負荷変動・温度変動時でも、ちらつきのない点灯性能を実現しています。

48V系バッテリへの対応、StarterACGによるアシスト制御を実現

これまでのStarterACGの役割は始動、充電のみでしたが、48V系バッテリに対応した高出力StarterACGにより発進/加速時にエンジンをアシストし、スムーズな加速と燃費性能のさらなる改善を実現しています。

トップへ戻る