インバータ

  • インバータ

製品ラインナップ

INV125VA

  • INV125VAの図
    寸法:185×280×40.8mm
    重量:2.5kg

本交流電源装置は、高品質、安定した交流を供給することができ、高い信頼性が求められるルータやサーバなどのデータコム装置に適 しています。(通信装置以外の用途には御使用頂けません)各オプション品を取り付けることでEIA規格又はJIS規格の19インチラック搭載、縦置き、壁取り付けができます。
入出力はコネクタ接続となっており、容易に負荷設備への配線の接続ができます。
外部信号端子台から、故障信号を外部転送し、装置の運転状態を監視することができます。

環境条件

設置場所 屋内 塩害、塵埃、腐食性ガスのないこと
周囲温度 5~40℃(連続)
0~50℃(短時間)
-
相対湿度 5~85%(連続)
5~90%(短時間)
ただし、結露のないこと

注)短時間とは、連続72時間、年間15日以下です。

電気的特性

項目単位定格又は特性備考
型式 型名 - INV125VA
定格の種類 - 連続
冷却方式 - 強制空冷
直流入力 定格電圧 V -48
変動範囲 V -33~-57
最大入力電流 A 6 定格出力時
入力帰還雑音 mV 5以内 定格入力電圧、線形負荷
交流出力 定格容量 VA(W) 125(125) 皮相電力(有効電力)
(全出力合計)
相数 - 単相2線
定格電圧 V 100 正弦波出力
電圧整定精度 % ±2以内
定格周波数 Hz 50/60 手動切替(設定SWによる)
周波数精度 % ±1.0以内
波形歪率 線形負荷 % 5以内 定格運転時
整流器負荷 % 10以内 定格運転時
過渡電圧変動 % ±10以内 0⇔100%負荷変化
整定時間 ms 150以内
負荷力率 - 1.0 変動範囲0.6(遅れ)~1.0
過電流保護 % 100以上
高周波雑音 VCCI-A準拠
騒音 dB(A) 50以内 1台運転時、装置前面1m、A特性

INV1000SC

  • INV1000SCの図
    寸法:410×359×43.5mm
    重量:4.6kg

本交流電源装置は、高品質、安定した交流を供給することができ、高い信頼性が求められるルータ、サーバなどのデータコム装置に適しています。(通信装置以外の用途には御使用頂けません)各オプション品を取り付けることでEIA規格又はJIS規格19インチラック搭載、24インチラック搭載、縦置き、壁取り付けができます。
入出力は端子台で接続できるほか、前面と裏面に出力のコネクタが取付けてあるので、容易に負荷設備への配線の接続ができます。外部信号端子台から運転状態信号、故障信号および過負荷状態信号を外部転送し、装置の運転状態を監視することができます。

環境条件

設置場所 屋内 塩害、塵埃、腐食性ガスのないこと
周囲温度 5~40℃(連続)
0~50℃(短時間)
-
相対湿度 5~85%(連続)
5~90%(短時間)
ただし、結露のないこと

注)短時間とは、連続72時間、年間15日以下です。

電気的特性

項目単位定格又は特性備考
型式 型名 - INV1000SC
定格の種類 - 連続
冷却方式 - 強制空冷
直流入力 定格電圧 V -48
変動範囲 V -40.5~-57
最大入力電流 A 30 定格出力時
入力帰還雑音 mV 2以内 評価値(定格入力電圧、線形負荷)
交流出力 定格容量 kVA(kW) 1.0(1.0) 皮相電力(有効電力)
(全出力合計)
相数 - 単相2線
定格電圧 V 100 正弦波出力
電圧整定精度 % ±2以内
定格周波数 Hz 50/60 手動切替(設定SWによる)
周波数精度 % ±1.0以内
波形歪率 線形負荷 % 5以内 定格運転時
整流器負荷 % 8以内 定格運転時
過渡電圧変動 % ±10以内 0⇔100%負荷変化
整定時間 ms 150以内
負荷力率 - 0.9(遅れ) 変動範囲0.6(遅れ)~1.0
過電流保護 % 105以上
高周波雑音 VCCI-A準拠
騒音 dB(A) 55以内 1台運転時、装置前面1m、A特性

INV1000-Ⅱ

  • INV1000-Ⅱの図
    寸法:480×451×265.75mm
    重量:43.6kg
    ※4kVA冗長構成システム時

本交流電源装置は高品質、安定した交流を供給することができ、高い信頼性が求められるルータ、サーバ等のデータコム装置に適しています。(通信装置以外の用途には御使用頂けません)
EIA規格又はJIS規格の19インチラックに搭載が可能な設計となっています。単機構成の場合、最大1kVA出力できます。冗長構成の場合、1kVA~4kVA出力まで対応可能となっています。
単機用途以外の交流電源装置に表示ユニットを搭載し各種状態表示(出力電圧・出力電流)ができます。また、外部信号端子台から運転状態信号、故障信号および過負荷状態信号を外部転送し、装置の運転状態を監視することができます。

環境条件

設置場所 屋内 塵埃、腐食性ガスのないこと
周囲温度 5~40℃(連続)
0~50℃(短時間)
-
相対湿度 5~85%(連続)
5~90%(短時間)
ただし、結露のないこと

注)短時間とは、連続72時間、年間15日以下です。

電気的特性

ユニット

項目単位定格又は特性備考
型式 型名 - E04HA1010D2R
定格の種類 - 連続
冷却方式 - 強制空冷
直流入力 定格電圧 V -48
変動範囲 V -40.5~-57
最大入力電流 A 29 定格出力時
入力帰還雑音 mV 2以内 評価値(定格入力電圧、線形負荷)
交流出力 定格容量 kVA(kW) 1.0(1.0) 皮相電力(有効電力)
相数 - 単相2線
定格電圧 V 100 正弦波出力
電圧整定精度 % ±2以内
定格周波数 Hz 50/60 手動切替(設定SWによる)
周波数精度 % ±1.0以内
波形歪率 線形負荷 % 5以内 定格運転時
整流器負荷 % 8以内 定格運転時
過渡電圧変動 % ±10以内 0⇔100%負荷変化
整定時間 ms 150以内
負荷力率 - 1.0 変動範囲0.6(遅れ)~1.0
過電流保護 % 105以上
電力変換効率 % 86以上 定格入出力、線形負荷、常温にて
高周波雑音 - VCCI-A準拠
騒音 dB(A) 55以内 1台運転時、装置前面1m、A特性
65以内 5台並列冗長運転時

搭載枠

項目単位定格又は特性備考
型名 - INVSLF-S
・1000-S2
INVSLF-10
・1000-S2
INVSLF-20
・1000-S2
INVSLF-40
・1000-S2
最大インバータユニット数 - 1 2 3 5
表示ユニット - なし あり あり あり
定格入力容量 A 24 24 48 96
最大入力容量 A 29 29 58 116 定格出力時
交流出力 定格容量 kVA
(kW)
1.0
(1.0)
1.0
(1.0)
2.0
(2.0)
4.0
(4.0)
皮相電力
(有効電力)
定格電圧 V 100 正弦波出力
電圧整定精度 % ±2以内
負荷力率 - 1.0 変動範囲
0.6(遅れ)~1.0

トップへ戻る