EV用急速充電器

快適でスムーズなハイパワー充電

高信頼技術をベースにしたEV急速充電器を豊富にラインナップしています。大出力で充電時間を短縮し、利用者の使いやすさ向上とEV社会の発展に貢献します。

EV急速充電器ラインナップ

SDQC2F90シリーズ

高度な安全基準に基づく急速充電規格「CHAdeMO Protocol Ver1.2認証」を90kW出力として世界に先駆けて取得しました。2台同時充電も可能になり、充電渋滞の解消に貢献します。

系統線式型式充電仕様

三相4線415V

SDQC2F90NT4415

90kW

SDQC2F90NT4415-M

90kW
2台同時充電対応

SDQCシリーズ

50kWまでの充電出力から選べる豊富なラインナップ。ICカードリーダー搭載で、EV/PHEV充電インフラサービス「smart oasis®※のご利用も可能です。普通充電器PM-CSシリーズとのシステム連携にも対応します。

系統線式型式充電仕様
単相2線200V 

SDQC-301-S
SDQC-301-U

30kW

SDQC-301-UD

30kW
複数台システム

三相3線200V SDQC-30-S
SDQC-30-U

30kW

SDQC-50-S
SDQC-50-U

50kW

EV充電インフラサービスに対応

通信ネットワーク対応(SDQC-301-U、SDQC-301-UD、SDQC-30-U、SDQC-50-U)ではEV/PHEV充電インフラサービス「smartoasis®※」のご利用も可能です。
ICカード認証による充電器利用のほか、満空情報を提供するクラウドサービスなとと連携することで、より多くのゲストが利用できるようになります。
施設の管理者様にとっては、利用実績管理に活用できるなどのメリットもあります。

急速充電器のメリット

電気自動車(EV)は、搭載バッテリーの容量が大きいほど長い距離を走ることができますが、そのぶん充電時間も長くなります。普通充電器が200Vの交流電力をそのままEVに供給するのに対して、急速充電器は高圧変換した直流電力をEVに供給するため大幅な高出力化を実現できます。これにより、60kWhを超える大容量バッテリーを搭載したEVを80%充電するのに要する時間は、SDQCシリーズの50kW出力で約50分、SDQC2F90シリーズの90kW出力で約30分まで短縮できます。

急速充電器の主な設置事例

  • 蔵王町役場
    SDQC-301-U-CS
  • 徳島県南部総合県民局保健福祉環境部(阿南庁舎)
    SDQC-301-U-S
  • 道の駅 果樹公園あしがくぼ
    SDQC-30-U
  • Hondacars扇町東店
    SDQC-50-U-C
  • 日産グローバル本社
    SDQC2F90NT4415

お問い合せ

SDQC2Fシリーズ、SDQCシリーズの導入ご検討についてのお問い合わせ

営業本部 営業統括部

TEL 03-3279-4497

<お問い合わせ例>
◆製品の見積もりを依頼したい
◆製品の機能や仕様について詳しく聞きたい
◆製品導入の相談をしたい、など。

関連コンテンツ

◆smart oasis®は日本ユニシス株式会社の登録商標です。◆本ページの記載内容は、予告なく変更する場合があります。◆製品を導入される前に、仕様書やご使用上の注意を必ずお読みになり、お客さま用途に適合していることをご確認ください。

トップへ戻る