• TOP
  • ニュース

ニュース

「環境ビジョン2050」策定のお知らせ

2021年12月13日

当社は、地球環境保護への取組みを経営の重要課題の一つと位置づけ、長期的な視点から持続可能な地球環境と社会の実現に向けた活動をグループ一丸となって推進することを目的に「環境ビジョン2050」を策定しました。当社グループでは、本ビジョンをもとに、クリーンエネルギー製品や省エネ製品の市場供給や新技術の開発等によって環境負荷低減の貢献度を継続的に高め、グローバルな環境先進企業を目指します。

環境ビジョンについて

「環境ビジョン2050」では、当社グループが目指す持続可能な社会を「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」と定め、自社グループの事業活動のみならず、2050年を目標にバリューチェーン全体を視野に入れた環境負荷の最小化を目指し、以下のとおり取組みを推進します。
また「環境ビジョン2050」に向かう道標として、「2030年度 環境目標」を合わせて設定し、当社グループが特定したSDGsマテリアリティの実践を通じて環境貢献を加速します。

環境ビジョン2050

次世代へつながる豊かな地球環境こそが価値ある未来と考え、

持続可能性を追求し、「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現に貢献します。

《脱炭素社会への貢献》

バリューチェーン全体を通じて
カーボンニュートラルを目指します

《循環型社会への貢献》

資源の有効活用と環境配慮型製品の両輪で
環境負荷の最小化を目指します

《自然共生社会への貢献》

生物多様性の保全活動を継続的に強化し
環境負荷の最小化を目指します

2030年度 環境目標

《脱炭素社会への貢献》

▽生産時のCO2排出量46%削減(2013年度比)
▽製品によるCO2排出削減貢献量の拡大

当社グループの事業活動に伴うCO2排出(Scope1*およびScope2*)とサプライチェーンのCO2排出(Scope3*)の両側面において脱炭素化を推進する。

《循環型社会への貢献》

▽リサイクル率99.9%以上を継続
▽環境配慮型製品および技術の開発強化

限りある資源の有効活用に継続的に注力することで、循環型社会への貢献度を高める。くわえて、エネルギーの効率的な利用につながる環境配慮型製品および技術の開発を強化する。

《自然共生社会への貢献》

▽水資源の保全促進
▽FSC認証紙使用等による自然保護促進

自然共生社会の構築に不可欠であり、また、当社事業活動においてきわめて重要な水資源の保全を促進するとともに生物多様性および森林の保護活動を強化する。

*Scope1:事業者らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)
*Scope2:他社から供給された電気、熱・蒸気の仕様に伴う間接排出
*Scope3:Scope1、Scope2以外の間接排出(事業者の活動に関連する他社の排出)

(参考)新電元グループSDGsマテリアリティ

  • SDGS icon

お問い合わせ先

新電元工業株式会社
経営企画室企画部 広報・IR

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。

トップへ戻る