SHINDENGEN INFORMATION
TOP > 企業情報 > CSR活動 > 環境
  • 企業情報TOP
  • 社長ごあいさつ
  • コーポレートミッション
  • 中期経営計画
  • 会社案内
  • CSR活動
    • 組織統治
    • 人権
    • 労働慣行
    • 環境
      • 環境報告書
      • ISO認証状況
      • 海外法規制対応
      • グリーン調達
    • 公正な事業慣行
    • 消費者課題
    • コミュニティへの参画及びコミュニティの発展
    • CSR報告書の一括ダウンロード
  • 採用情報
環境

新電元工業では、1992年に「新電元地球環境憲章」を制定し、経営の重要課題として環境問題に取り組んできました。 今後もCOP21(国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」やSDGs(持続可能な開発目標)等の持続可能な社会の実現に向けた国際的な取組目標を念頭に置き、気候変動リスクへの対応等の社会的課題の解決に貢献できるよう環境配慮型製品の創出および事業活動に関わる環境負荷の低減等に努めてまいります。

  1. 環境方針
    基本理念
    新電元グループは、社会の発展と人類の繁栄に寄与する為、お客様・株主から信頼され、地域・社会から敬愛され、従業員が誇りを持って働くことができ、そして地球環境と調和する、活力溢れる企業づくりに全社を挙げて取組み、もって世界の「良き企業市民」たることを旨とする。
    新電元グループ環境方針
    新電元工業 飯能工場環境方針
  2. 環境マネジメント
    新電元工業では1999年にISO14001を認証取得して以降、グループ全体での環境活動を強化しています。
    2004年2月には、国内グループ統合認証を取得することで、システム運営の効率化と活動のレベルアップを実現しています。 現在は、省エネルギー推進部会、廃棄物対策部会、化学物質管理推進部会の3部会を組織し、気候変動の緩和等の環境・社会問題の低減にグループ一丸となって取り組んでいます。
    新電元グループの環境保全体制
    ISO14001認証状況
    新電元グループでは、環境方針等に基づいた環境目的・目標を設定し、環境負荷の低減およびビジネス機会の創出に向けた取り組みを実施しています。
    環境目的・目標の結果
    新電元グループ国内の環境内部監査は、グループ環境内部監査計画に基づき年1回以上のシステムおよび遵法監査を実施しています。 監査では、各社の環境ISO事務局が中心になり、グループの環境マネジメントマニュアルと各社の標準の整合性、PDCAが適切に廻っていること および適用される法令や条例、公害防止協定や業界における取り決め事項等の遵守状況に問題が無いことを確認しています。
    また、2015年12月8日から12月10日において、ISO14001:2004規格に基づく更新審査が行われ、新電元グループの環境マネジメントシステムが包括的に継続し有効であることを確認しました。
    新電元グループ海外のISO取得認証会社においては、各社の監査計画に基づき内部監査を実施しています。
    新電元グループでは、従業員の環境意識を高めることを目的に、一般環境教育および新入社員教育、2年目社員教育、昇格時教育等の各階層別教育において、社会的課題の要素を加えた環境教育を実施しています。 2015年度は、新入社員教育において、「工場の省エネルギー推進」と「省エネ製品を通じた省エネ貢献」について教育を実施しました。今後も当社に関連する社会からの要請や期待を考慮し、環境変化に適応した環境教育のタイムリーな実施を継続していきます。
  3. 事業活動と環境負荷低減活動
    新電元グループでは、事業活動における地球温暖化対策、化学物質削減、廃棄物削減および水資源、生物多様性等の環境負荷低減および環境リスクの低減に努めております。
    2015年度は、フロン排出抑制法で定められた点検や報告等への対応に取組み、完了しています。今後も、代替フロンの規制強化を視野に入れ、オゾン層の破壊、地球温暖化の防止に努めていきます。
    2016年4月、新入社員CSR教育において、SDGs(持続可能な開発目標)に関するポイントを説明しました。
    SDGsの目標17項目と新電元グループの事業活動との関連性を確認して、今後の社会課題解決について情報を共有しました。 当社の事業活動と環境課題の関係性から、「目標7」「目標12」「目標13」へのアプローチが特に重要と認識するよい機会となりました。
    目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    目標12:つくる責任・つかう責任
    目標13:気候変動に具体的な対策を
    ※「目標3:すべての人に健康と福祉を」は、当社の中長期ビジョンに掲げるヘルスケア市場とも関連しています。
    SDGs教育の風景
    新電元スリーイーでは、2014年度より新電元工業飯能工場との間で運行させていたシャトルバスを電気自動車(以下、EV)に切り替え、従業員の移動に関わるCO2排出量の削減に取り組んでいます。2015年度は、同型ガソリン車使用時との比較で、およそ2.4t削減されました。
    EV車導入によるCO2排出量の削減状況
    新電元インドネシアでは、2015年度にソーラーパネル型LED外溝灯やLED照明灯等を設置した環境に配慮した新工場を建設・稼働させました。新電元グループでは、今後も再生可能エネルギーの利用に努めてまいります。
    ソーラーパネル型LED外溝灯
    「高電圧直流給電(HVDC)システム」を対象としたLCA(ライフサイクルアセスメント:社団法人電子情報技術産業協会電子部品部会「電子部品LCAガイドライン」を参考) ・スコープ3(カテゴリ1.4.5.7.9)を試算しました。
    今後は、これらの対象カテゴリ拡大と精度向上およびスコープ3領域のCO2排出量削減にも取り組んでいきます。
    LCAおよびスコープ3試算結果
  4. 生物多様性への取り組み
    新電元工業飯能工場では、飯能市民会議のメンバーとして「天覧山谷津の里づくりプロジェクト」に参加・協力しています。
    家族連れのハイキングに人気がある飯能市「天覧山」の里山整備と鳥類・小動物の保護に取り組んでいます。
    「天覧山谷津の里づくりプロジェクト」の風景
    新電元グループの「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」への取り組み状況をまとめました。
    「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」への取り組み状況
  5. 化学物質管理への取り組み
    新電元グループでは、環境方針に掲げた「製造工程において使用する化学物質及び製品含有化学物質の管理を徹底する。」に沿って、化学物質の管理の強化・徹底を図っています。
    新電元工業飯能工場及び国内グループ会社で構成されている化学物質管理推進部会を中心に、国内はもちろん海外法規制の最新情報を共有し、REACH規則や改正RoHS指令(RoHS2)等に関する種々の課題や、グリーン調達の推進、製品含有化学物質及び工程使用化学物質の管理の推進等に取り組んでいます。
    海外法規制対応
    グリーン調達
  6. 環境リスク対応
    新電元グループでは、半導体製造の洗浄工程において、トリクロロエチレンを使用していました。
    過去にトリクロロエチレンを使用した実績のある事業所を対象に、1997年度より逐次土壌・地下水汚染の実態調査を実施しています。 2012年2月に新電元スリーイーの事業所の浄化が完了しましたが、現在は新電元工業飯能工場など5事業所で浄化対策を実施しています。その進捗状況については、定期的に行政機関等へ報告しています。
    新電元グループが保有するPCB廃棄物、および微量のPCBを含む廃棄物(微量PCB廃棄物)については、「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」等の法令に基づき適切に保管・管理しています。一部の処理については、計画的に進め完了しています。 今後も国や関係自治体の方針等を踏まえてPCB廃棄物処理施設に登録を済ませ計画的に順次処理を行う予定です。
    2015年度は、新電元グループにおける法令・条例への違反はありませんでした。
  7. 環境データ
    生産活動に伴う主な環境負荷量の推移(エネルギー、廃棄物、PRTR対象物質)
    環境会計(2014~2015年度)
    CSR報告書(2014~2015年)
    環境報告書(2008~2013年)
    「埼玉県地球温暖化対策推進条例」に基づく報告
    2016年 地球温暖化対策計画・実施状況報告
    2016年 事業所の地球温暖化対策計画・実施状況報告
    2015年 地球温暖化対策計画・実施状況報告
    2015年 事業所の地球温暖化対策計画・実施状況報告


新電元工業株式会社 © 2002 SHINDENGEN ELECTRIC MANUFACTURING CO., LTD. All Rights Reserved.