公正な事業慣行

新電元グループでは、マーケティング、商品開発、資材調達、生産、物流等のバリューチェーン各段階における社会的課題の解決に向けて、「新電元グループ行動指針」に基づいた社内倫理の確立をするとともに、社会の価値観の変化に適応できる体制創りを推進しています。

資材調達における主なCSR活動

ISO26000の中核主題に基づいた資材調達における主な取り組み

中核主題 課題 主な取り組み
人権 加担の回避

紛争鉱物対応
新電元グループは、米国の金融規制改革法(ドット・フランク法)の対象企業ではありませんが、人道的な観点から、紛争鉱物が弊社製品に含有しているか明確にし、紛争鉱物排除に向けた取り組みを行っています。

公正な事業慣行 汚職防止 コンプライアンス
新電元グループ行動指針で定める「法令等の遵守」に基づいて、資材調達を行っています。
  • 不正行為の予防・早期発見
  • 利益相反の防止
  • 機密情報の漏洩防止
  • インサイダー取引の禁止
公正な競争

下請法遵守
新電元工業資材部門が統括責任部門として定期的にグループ会社を巡回しヒアリング及び教育等の予防対策を講じることで、遵守に向けた取り組みを実施しています。

  • 巡回ヒアリング
  • 教育
  • 個別相談

お取引先様の評価
お取引様との健全な協力関係強化と育成に資するため、お取引様を1年に1回、品質・価格・納期及び業務サービスの実績について評価させていただき、成績優秀なお取引様に対しては表彰を行っています。

バリューチェーンにおける社会的責任の推進 反社会的勢力の排除
新電元グループは、反社会的勢力との関係を遮断することの社会的責任、コンプライアンスおよび企業防衛の観点からの重要性を十分認識し、関係遮断に向けた取り組みを進めています。
  • 覚書:お取引先様に対して、『反社会的勢力排除に関する覚書』の締結をお願いしています。
  • 教育:資材部内における定期遵守教育及び外部講習会への参加を実施しています。
  • 中核主題・課題は、日本規格協会発行「ISO26000:2010」を参考にしています。

トップへ戻る