ESG経営への取組み

新電元グループは、中長期的な企業価値向上を目指し、ESG(環境/社会/ガバナンス)の視点を経営に取入れ、第15次中期経営計画の推進を強化していきます。新電元グループがこれまで取組んできたCSR課題から、企業活動そのもので環境・社会に貢献する重要な課題について、ESGのフレームワークのなかで機会・リスク分析を行い、第15次中期経営計画との関連を明確にした4つのESGマテリアリティをCSR委員会での審議を経て、特定しました。4つのESGマテリアリティを実践していくことで、環境・社会課題に貢献し、持続可能な企業価値を創出いたします。

トップへ戻る