低炭素社会の実現に向けて

1.低炭素社会創りへの取組み

新電元グループでは、事業活動における低炭素化対策や化学物質削減等の環境負荷低減活動を推進する一方で、環境配慮型製品を通じて、低炭素社会創りにも大きな貢献をしています。

新電元工業の販売する90kW大出力急速充電器(2出力)は、関西電力株式会社が開始した『EV(電気自動車)向けの超急速充電器を導入する際の効率的な運用方法等にかかわる実証実験』に採用されました。新電元工業製急速充電器SDQC2F90シリーズは、国内で唯一にして最大(※1)の出力を誇る90kWの急速充電器です。CHAdeMO Ver1.2対応のEV1台であれば、従来の50kWの急速充電器と比較し、約6割の時間で充電できます。また、2出力のため、EV2台同時に充電することが可能で、充電待ち時間の短縮につながります(※2)。
※1:2020年5月現在、当社調べ
※2:2出力の場合は、45kW+45kWでパワーシェアされます

  • 大出力急速充電器

2.再生可能エネルギー活用事業への取組み

新電元工業は、3年連続で「山形県民CO2削減価値創出事業」における「CO2削減価値の購入者募集」に申し込み、購入先7社に選ばれました。2020年2月21日、新電元工業から鈴木吉憲代表取締役社長が山形県庁にて執り行われた契約締結式に出席しました。
新電元工業は、山形県の二酸化炭素削減活動に賛同し、今回購入した250t-CO2は、当社事業に関連したCO2排出量のオフセット(購入クレジット相当分)として有効に活用しました。

  • 売買契約締結式(右:吉村 山形県知事)

トップへ戻る