• 半導体製品
  • 電源製品
  • 電装製品
  • ソレノイド製品

国内初!接合部温度175℃保証のショットキーバリアダイオード技術

印刷する

地球環境保護意識の高まりを背景に、HEV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)など次世代自動車において、従来のガソリン車と比べ電力使用量が格段に増える傾向にあります。このようななか、燃費向上のために小型・軽量化が求められており、電力変換時の損失を抑える技術としてパワーデバイス技術に期待が高まっています。当社はこれらのニーズに応えるべく、自動車のエンジンルームなどの高温環境下での設計にも対応でき、高効率で高い信頼を実現できる175℃保証のショットキーバリアダイオード「SLSBD®」を紹介します。
・仕様:国内初!接合部温度Tj(max)=175℃保証を実現
・製品の特徴:逆方向電流を当社従来品※1より一桁以上低減
→熱暴走リスクを大幅低減
順電圧は当社従来品※1の水準を維持
※1 Jシリーズ




この「SLSBD」シリーズの製品化により、自動車のエンジンルーム内などの高温環境下においても、高効率のショットキーバリアダイオードを安心してご使用いただけるようになりました。当社はこれからもお客様の“環境性能”を追及した設計・開発に対応できる高性能パワーデバイスを提供することで、地球環境保護に貢献してまいります。

 



新電元工業株式会社 Copyright2002-2010 SHINDENGEN ELECTRIC MANUFACTURING CO.LTD All Rights Reserved.