• 半導体製品
  • 電源製品
  • 電装製品
  • ソレノイド製品

デジタル制御技術…高速デジタル制御で電源の付加価値を高める!

印刷する

環境をキーワードに各社車体メーカーは、燃費に優れたクルマの開発に凌ぎを削っています。その環境車に組み込まれる車載用コンバータでは、高効率で信頼性の高さが望まれています。当社は制御用ICにDSPを採用することで温度変化や経年変化で特性に影響が発生しないデジタル制御の製品を開発しています。


デジタル制御システムとは、従来のアナログ式フィードバック制御から、独自の“スイッチング電源アルゴリズム”により、高速制御の応答と付加価値を実現するシステムです。
<デジタル制御のメリット>
①部品点数の削減
②経年劣化がなく信頼性維持・向上が図れる
③高付加価値を付け易い(通信機能など電源以外の制御も可能)
④アナログ制御では実現不可能な制御が可能(予測制御・自己学習機能 etc・・・)


<新型DSPの概要>
・動作周波数 60MHz
・16ビット演算
・16ビット積和演算器搭載
・9段パイプライン処理
・電源制御に最適な演算回路
(新電元:最適な演算回路で他の追従を許さない演算能力)
・C言語対応
・コードセキュリティ機能
・外部リセット回路不要
(サブクロック・WDT・パワーONリセット・電源電圧監視内蔵)
・製品検査 テスト許可専用端子 テスタビリティ考慮
・フルスキャンと特殊モジュールの専用検査機能
・高速クロックBIST機能
・SLEEP動作・クロック停止機能(省電力)


利便性の追求や人口知能的な働きの活用・創造など、クルマシステム全体の様々なニーズの吸い上げを行いながら、当社独自の高度なプログラム技術・電源技術の融合などにより生み出す高効率電源を通じて、新たな価値の創造、地球環境保護に役立つ製品づくりを行ってまいります。



新電元工業株式会社 Copyright2002-2010 SHINDENGEN ELECTRIC MANUFACTURING CO.LTD All Rights Reserved.