教育研修制度

社会人として最低限必要なマナーや知識から始まり、社員一人一人のキャリアプランに応じて、万全の体制でステップアップをサポートします。

教育研修スケジュール

階層別研修について

各階層に合わせた効果的な研修を実施しています。新入社員研修では、社会人に必要なマナーや各部署や事業部の詳細について学びます。
また入社3年目研修では、これまでの業務を通じて成長してきた自分自身を振り返る機会を設けることにより、今後のさらなるステップアップを目指しスキルや手法、心構えを身に付けます。
昇格時にはそれぞれの資格に応じた資格別研修を実施し、各人のスキルアップを促しています。
その他、公募制の研修では自社の最新の財務状況を学ぶ財務研修やいち早く市場の変化に気づき、ビジネス感度の一段の向上を目指すマーケティング研修などを導入し個人の成長をサポートしています。

技術系研修について

会社全体の技術力の底上げのため、各事業部の先輩技術者を講師に迎え、技術教育を実施しています。
入門編では、若手社員への基礎技術教育の徹底を目的とし、全部門共通のカリキュラムを用いて、技術部門での必須技術を習得します。
例えば、電気回路、半導体、実装・構造分野だけでなく、品質工学や安全規則、法規などを中心に扱います。また初級編では、入門編で学んだ内容を土台にし、技術分野ごとに特化した実践的内容を取り扱い、担当業務に直結した役立つ知識や技術が習得可能です。
中級編では、部門単位での実施となり、各部門で長年培われてきた高度な技術の伝承を行います。このように当社では、技術者としてのスキルアップを全社的にサポートしています。

PAGE TOP