SHINDENGEN TOPICS

商用トランス絶縁型三相3線式100kWパワーコンディショナ
"SOLGRID®シリーズ「PVS100T200−ID−DN−H1」を開発

SOLGRID

新電元工業株式会社(本社、千代田区大手町)は、太陽光発電用パワーコンディショナ SOLGRID ®シリーズとして最大容量となる三相3線式100kW「PVS100T200−ID−DN−H1」を 開発いたしました。
2012年4月より、公共・産業分野などを中心に受注を開始しています。

1.特長

●商用トランス絶縁型 三相3線式(屋内仕様)
●最大電力変換効率96.3%を実現
●入力電圧範囲DC325〜600V
●商用トランス設置不要、安全性確保
 ・太陽電池の浮遊容量による地絡電流を防止
 ・直流接地が可能
 ・交流結線方式に限定されない
●並列運転対応(最大27台)
●タッチパネルによる操作性の向上
PVS010T200
 

2.概要

 当社はこれまで、業界初となる高周波絶縁型の三相3線式5kWタイプをリリースするなど、市場ニーズに呼応した製品を開発してまいりました。
 今回、新たにリリースした「PVS100T200−ID−DN−H1」は、SOLGRID®シリーズ最大容量となる100kWタイプで、普及が進む、中・大規模の太陽光発電システム向けに開発、最大電力変換効率96.3%を誇ります。
 また、商用トランス絶縁方式の導入により“太陽電池間の漏洩電流問題”を解消しているほか、太陽電池の種類や仕様を選ばず、幅広く採用いただけます。
 
 当社の掲げる「エネルギーの変換効率を極限まで追及することにより、人類と社会に貢献する。」と言う企業ミッションのもと、今後も高い環境性能を実現する製品開発に努めるとともに、販売強化を図ってまいります。

 

3.製品一覧(仕様)

型   式 PVS100T200−ID−DN−H1
方式 絶縁方式 商用トランス絶縁
冷却方式 強制風冷
直流入力 定格入力電圧 DC345V
入力運転電圧範囲 DC325〜600V
最大入力電圧 DC650V
入力回路数 2回路
交流出力 電気方式 三相3線式
定格電圧 AC202V
定格周波数 50/60Hz
定格出力電力 100kW
定格出力電流 286A
出力基本波力率 0.95以上
最大変換効率 96.30%
各次出力電流歪率 3%以下
単独運転検出 受動的検出 電圧位相跳躍検出方式
能動的検出 周波数シフト方式
系統連系保護機能 系統電圧上昇(OVR)/系統電圧不足(UVR)
系統周波数上昇(OFR)/系統周波数低下(UFR)
その他の機能 モニタ機能(タッチパネル)
外形寸法(W)×(D)×(H) (mm) 800×950×1,900※
質量 1,200kg以下
通信機能 RS485通信
環境仕様 使用場所 屋内
周囲温度 −5〜40℃
湿度 20〜80%RH

  ※ベース、天井保護カバー含まず

4.生産工場

  • 国内製造工場(2012年4月現在)


5.生産体制

  • 2012年4月より受注生産開始


6.価格

  • オープン価格


7.最少オーダー数量

  • 1台より御注文承ります。(但し、オーダー数量により単価は異なります)


8.問い合わせ先

 新電元工業株式会社 
 東日本支社 新エネルギー営業部
 TEL:03-3279-4438
 FAX:03-3279-4495
 お問合せ

  ※掲載内容は、2012年4月13日現在のものです。


  「SOLGRID」は新電元工業の登録商標です。

 


SHINDENGEN © 2002 SHINDENGEN ELECTRIC MANUFACTURING CO., LTD. All Rights Reserved.