SHINDENGEN TOPICS

175℃保証ショットキー・バリアダイオード  
『SLSBD® 』シリーズ拡充  

新電元工業株式会社(本社、千代田区大手町)は、
高温環境にも耐えうる175℃保証の高効率・低リークショットキー・バリアダイオード「SLSBD®」シリーズのラインアップを拡充。
自動車市場に最適な製品を開発し、2008年11月より量産を開始しております。
これからも戦略市場である自動車市場向けに、面実装製品のラインアップを拡充し、販売強化を図ってまいります。

  • 国内初!接合部温度(Tj)175℃保証を実現
  • 逆電流(以下IR)を当社従来品*1から一桁下げ 熱暴走リスクを大幅低減
  • トレードオフ関係にある順電圧(以下VF)は当社従来品*1水準を維持
  • トレードオフレベルを当社従来品*1から10%低減
  • 自動車市場のニーズに応えた小型面実装パッケージ
パワーMOSFET “Hi-PotMOS”シリーズ

1.概要

 地球環境保護意識の高まりを背景にHEV(ハイブリッド自動車)やEV(電気自動車)などの需要期待が高まってきております。従来のガソリン車と比べ電力使用量が格段に増えるこれら次世代自動車では、燃費向上や小型・軽量化のため、電力変換時の損失をおさえられる回路技術やデバイス製品が求められ、最近はこの機運がますます高まってまいりました。
 当社はこれら自動車市場のニーズに応えるため、エンジンルーム内など高温環境下でも使用できる175℃保証のSBD「SLSBD®」シリーズを開発いたしました。
 SBDは、元来、高効率で低ノイズのパワーダイオードとして各種電源回路に使用されてきましたが、高温環境下において逆電流(以下I)が増大しその自己発熱により破壊に至る現象(熱暴走)が懸念され、優れた特性を有しているにも拘わらず、活躍の場は限定的でありました。
 当社は、このSBDの弱点を克服すべく、使用するウェーハの選定やプロセス構造の最適化、さらに当社独自の新しいショットーキー・バリア形成法の採用などにより「SLSBD®」シリーズを開発、トレードオフ関係にある順電圧(以下VF)の特性を維持しながら、Iレベルを当社従来品*1に比べ1桁以上下げることに成功しました。
 この「SLSBD®」シリーズの登場により、エンジンルーム内などの高温環境下においても、高効率のSBDを安心してご使用いただけるようになりました。
 当社は、これからもお客様の “環境性能”を追求した設計・開発に高性能パワーデバイスを提供することで、地球環境保護に貢献してまいります。

*1 当社低IRSBD「Jシリーズ」

2.特長 

  • 仕様  耐圧ラインナップ 100,120,150V
          電流容量  3〜40A
  • 接合部温度(Tj)175℃保証
  • 超低IR(従来品*1から約90%低減)<下記グラフ参照>
  • VF・IRのトレードオフを10%低減<下記グラフ参照>
  • パッケージ  TO-220フルモールド

    *1 当社低IRSBD「Jシリーズ」
 

RonA-VDSS

D-Pack
Ron・Qg-VDSS Ron・Qg-VDSS

 

3.製品一覧表

品  名 Tj[℃] Io[A] VRM[V] VF(MAX)[V] IR(MAX)[uA] 外形
SG20TC10M 175 20 100 0.86 30 FTO-220G
SG30TC10M 30 40
SG40TC10M 40 60
SG20TC12M 20 120 0.87 30
SG30TC12M 30 40
SG40TC12M 40 60
SG10TC15M 10 150 0.88 15
SG20TC15M 20 30
SG30TC15M 30 40

 

4.主な用途

  • 電流共振電源(二次側整流部)
  • フライバック電源(二次側整流部)
  • DC-DCコンバータ(整流部)
  • その他各種電源回路等

5.生産工場

  • 株式会社東根新電元  等

 

6.生産体制

  • TO-220フルパッケージ:量産中

7.価格(サンプル)

  • SG40TC10M:300円

8.最少オーダー数量

  • FTO-220フルパッケージ :2,000個

9.問い合わせ先

 新電元工業株式会社 
 電子デバイス事業本部
 お問合せ

  ※掲載内容は、2009年3月4日現在のものです。

 


新電元工業株式会社 © 2002 SHINDENGEN ELECTRIC MANUFACTURING CO., LTD All Rights Reserved.